岡目八目

焼きそばを食べながら書いています。 カップの、お湯を入れて3分待って、お湯を捨ててというやつです。 これでも贅沢で、普段は昼抜きです。 傍目(はため)では大丈夫かと思うかもしれませんが、慣れてしまえば何でもありません。 囲碁用語かどうかはわかりませんが、「岡目八目」という言葉があります。「傍目八目」とも書きます。 対局者よ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

打ち込み

亀田興毅の謝罪記者会見を見ましたが、ありゃいけませんね。何がって、あのインタビュアーです。 いったい何様だと思っているんでしょうね。 わからないのは、なぜ謝罪しなければならないのかということです。 誰に対して? 内藤に対しては、もう大毅が謝罪しました。 亀田一家は、もう十分制裁を受けているように思います。 その上誰に対して謝…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

模様大作戦

模様の碁は魅力があります。 武宮9段の碁は、勝っても負けても面白いのでついつい見てしまいます。 しかし誰でも真似が出きるかというと、なかなかそうはいきませんよね。 いや、真似は簡単ですが、どこかが破れて破綻するのがオチです。 それでは模様の碁はどういう風に打つのがいいのでしょうか? どういう考え方が正しいのでしょうか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡辺明竜王

いつも渡辺明ブログを見ているんですが、立派ですよね。 まだ20そこそこなのに、人間的にも素晴らしいし、父親としても、とても好感が持てます。 私は将棋の方はさっぱりで、棋譜を見ても全然わからないんですが、日々努力しているなあというのはわかります。 よく大山名人の若い頃を彷彿とさせると言われますが、同感ですね。 まだ将棋は完成してい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

定石について

碁は基本的にはどこに打ってもいいのです。だから最初はどこから始めてもいいわけです。 しかし好きな所に打てと言われると、かえってむずかしいですね。 そこで定石というものが登場します。最初の内はある程度の指針になります。 ところでひと口に定石と言っていますが、いったいどれぐらいあると思いますか? とても1人では覚えきれないほどありま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

内藤・亀田戦

内藤と亀田の試合見ましたか?私だけじゃなく、内藤の応援をしていた方が多数派じゃないかと思います。 チャンピオンを、それも年上のですよ。ゴキブリ呼ばわりはないのじゃないですか? ボクシングは気持ちの上で負けてはいけないということで、ある程度の舌戦とか、睨みつけるというのは必要かもしれませんが、それも限度というものがあります。 亀田は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽観・悲観

碁を打つ人は、楽観型と悲観型に大別されます。たまに客観型の人がいますが、まあまれですね。 楽観派はゆるんで負けることが多く、悲観派は打ち過ぎで負けるパターンです。 これは強い弱いに関係ないですね。持って生まれた性格でしょうか。 楽観派同士の対局後は面白いですよ。お互いに自分の方が良かったと思っているわけですから。 そういう意味で…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more