碁の話

アクセスカウンタ

zoom RSS 模様大作戦

<<   作成日時 : 2007/10/21 14:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

模様の碁は魅力があります。
武宮9段の碁は、勝っても負けても面白いのでついつい見てしまいます。
しかし誰でも真似が出きるかというと、なかなかそうはいきませんよね。
いや、真似は簡単ですが、どこかが破れて破綻するのがオチです。
それでは模様の碁はどういう風に打つのがいいのでしょうか?
どういう考え方が正しいのでしょうか?

まず部分にこだわらないということですね。
一言で言うと、大らかに打つことです。
とりあえず、相手に1000円渡しておいて、後で5000円回収しますよ、という気分です。

次は、常に本手を打ち続けることです。
どこかで間に合わせがあると、結局模様が破れてしまいます。

弱い石を作ってもいけません。例えば、上辺に模様を作ったとします。でも、下辺に自分の弱い石があると、これまた模様はまとまらないんですね。逆に相手に弱い石があると、まとまりやすいです。

理想としては、二ヶ所に模様を作ることです。例えば、右辺に模様があれば、左辺も大きく構えるのです。一つの模様だけだと、消されたら終わりですが、二つだと、片方を荒らされても、もう一つが大きくまとまります。

模様の碁を打ちこなすには相当の腕力が必要です。普通は取りに行くことは、あまり考えないものですが、模様を荒らされたら即負けという場合、勢い取りに行くことになります。
結局、読みの力は必要ということですね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


模様大作戦 碁の話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる